こだわりの三文判

イメージ画像

今日は久しぶりに買い物に出かけてきたのですが、
100円コーナーのハンコになかなか珍しい印鑑を見つけました。
通常の三文判なのですが、書体がかなり凝っていて
実印にも使えそうな、こだわりのものだったのです。この値段なら普通は認印くらいですからね。
普通、こういう書体は、はんこやさんに直接注文しないと変えない場合が多いですから、
市販されているのをみるとうれしくなってしまいますね。

ちょうど実印を欲しいと思っていたので、早速自分の名字を探そうと思ったのですが、
なにせ書体がかなり解読しにくいものなので、探すのも大変です。
一応棚の部分に、読みやすい書体で書かれてはいるのですが、見づらいこと見づらいこと・・・
買い物を終わった後に気づいたので、重い荷物を持ちながら必死に印鑑の棚を凝視していたんですが、
残念ながら私の使えるものは無かったのです。
なかなか無い名字なので仕方が無いんですけどね。

ですが、三文判だと思って少々馬鹿にしていたところがあったのですが、
今はこんなにこだわりの三文判があるのですね。
これならば、他を探してもなかなか売っていなそうですから、
かなり利用価値は高いのではないでしょうか。
安くても市販のものでも、すぐれた実印が用意できるとなれば
ハンコにかけるお金や情熱が少しずつ小さくなっていくかもしれません。
さすがに法人用の印鑑は難しいとは思いますが、
それでもインターネットショッピングを利用すれば、かなり安い値段で
良い印鑑がつくれるかもしれませんね。

夫婦円満のための印鑑選び
http://www.handdata.com/
銀行用の印鑑の規定
http://www.albertcove.com/

このページの先頭へ